2008年10月10日

コロー・光と追憶の変奏曲

秋晴れの一日
神戸市立博物館で開かれている「コロー展」へ出かけました。

「光と追憶の変奏曲」とサブタイトルがつけられていますが、
まさに、音楽の聞こえてきそうな、美しい風景画の数々・・・

水辺の風景は、全体はもやに包まれたようで、
それでいて、柔らかい光がさしこみ、すがすがしい風を感じます。

心が洗われるような清らかな絵画展でした。



kobe02.jpg
ひさしぶりの神戸、ランチは中華街へ、
日曜なら大行列の老祥記の豚まん(3個270円)に大満足♪


kobe02.jpg
さらに港へも
posted by 店長 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

おはぎ

ohagi.jpg

今日は、お彼岸に作れなかったおはぎを作りました。

もち米を炊いてすりこぎでつぶしますが、

お料理の本では「ざっとつぶす」とか「半つぶしにする」とか書いてあります。

子供のころ、我が家では「半殺しにする」と言っていて、

喜んで手伝っておりました。

あれって我が家だけの表現だったのか・・・><



母の作ってくれたおはぎはもっと大きかったような気がします。
posted by 店長 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

香木沈香、ご紹介。

香木沈香三種、入荷しましたので、お知らせいたします。

沈香松印 刻10g 4200円

沈香竹印 刻10g 3150円

沈香梅印 刻10g 2100円

沈香は少々お高いです。
けれど、やはり天然香木のにごりない香りには、魅せられます。

お線香などには、香りに苦味を加えたものもありますが、
沈香には苦味は全くありません。

では、甘いのかというと、それはもう、ほんのり、上品な甘みです。
西洋の香水のように胸に残る甘さではありません。
清らかな甘み、なのです。

熱することでその、ほんのり上品で、清らかな甘みが広がります。
あぁ、言葉で香りをお伝えするのは本当に難しいです。

和の香りを楽しみたい、とお考えのお方は
ぜひ、一度香木をお試し下さい。

10gの刻のお香は30〜40回以上、十分にお使えいただけます。
極上のひとときのためには、案外お得、といえるかもしれません。

混じりけのない、ピュアな香りです。

香炉屋の香木販売のページはこちら>>








posted by 店長 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 香炉屋新着情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

阪神のいかやき

阪神がえらいことになってます。

阪神ファンは実は弱気、

頭を抱えてる方、多いのではと思います。

大丈夫、信じてあげましょう。



本日は遠来の友あり

お土産用の阪神のいかやき、お相伴にあずかりました♪

ikayaki.jpg
posted by 店長 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

中国工芸の精華・沖正一郎コレクション 鼻煙壺1000展

大阪市立東洋陶磁美術館で開かれている
「中国工芸の精華・沖正一郎コレクション 鼻煙壺(びえんこ)1000展」へ行ってきました。

bienkoten.jpg

「鼻煙壺(びえんこ)」ってご存知でした?嗅ぎ煙草を入れる携帯用の小さな容器です。

嗅ぎ煙草は香料などを調合した粉末状のタバコを鼻孔にすりつけたり、吸い込んだりして
香りと刺激を楽しむのだそうです。・・・なんだかあやしげ。
17世紀にヨーロッパ王侯貴族のあいだで大流行し、17世紀半ばに中国へ伝わり、
清朝の宮廷で大流行したのだそうです。

清朝宮廷人が刺激を求めた嗅ぎ煙草。
それを入れるこの小さな壺の、なんと魅惑的であることか。

陶磁器に繊細な絵付けを施したもの、
色ガラスに被せガラスで、立体的な模様を彫りこんだもの(これはガレにも影響を与えたのかも)
同じガラス製でも、内絵といって壺の内側に絵を描いたもの(鉤型の筆で描くそうな)
七宝、象嵌、象牙細工、べっ甲細工
玉、翡翠、メノウ、水晶、そして石・・・
(石、といっても、石をくりぬいて壺にしてあるんですよ)

まさに贅をつくした芸術品、中国工芸の精華。
清王朝時代の職人の技術の高さに感嘆しました。

しかも、この1200個のコレクションは個人のコレクターから大阪市に寄贈されたもの。
この美しい壺に囲まれた人生、なんてゴージャスなんでしょう。
ここちらも溜息です。

コレクター沖正一郎氏は伊藤忠勤務、香港駐在の昭和30年頃にコレクションをはじめられ、
ファミリーマート創立、無印良品の会長など歴任された方だとか。
このコレクション、大阪市に寄贈してくださって本当にありがとうございます。


9月28日までです。まだの方はお早目に、お薦めです。



せっかく中之島に行ったので、ランチは中央公会堂食堂でオムライス♪


omrice.jpg

posted by 店長 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。