2011年09月05日

高村薫さんの講演会

9月最初の週末は、大型台風が各地におおきな被害をもたらしたようです。
被害にあわれた地域の皆さまに心からお見舞い申し上げます。

ここ大阪でも大変な雨量となりましたが、
9月4日(日)には、大阪文学学校主催・「文学を愛することは深く生きること」
というテーマの高村薫さんの講演会に出向きました。

私は大阪文学学校とは何のご縁もなく、まして文学を愛して深く生きて
いるわけでは全くないのですが、日頃「高村薫好きやわ〜」と言っていたのを
覚えていた友人が、誘ってくれたのです。

高村さんの文章から感じられるイメージ、思慮深く、緻密で冷静、頭脳明晰、
はそのままに、加えて、謙虚さ誠実さを感じるお話ぶりでした。

まず、下手から舞台に出て来られて、演壇に向かう前に客席三方に向かって
深々と頭を下げられました。悪天候のなか集まった客に対しての
誠意が感じられ、「高村薫って怖そう・・・」という先入観は消え去ります。

お話はエンターティメント小説と純文学について、小説を読むこと書くこと
小説という悦楽、等々、なるほどと納得の内容で引きこまれました。

そんな中、印象に残ったことは
「私自身がプロになったと感じたのは照柿を書いたときです。」
「行間に思いを込めた」とのこと。

実は、講演直前、友人と話していたのです。
「照柿」はすごいよね。行間からたたちのぼる空気とか、温度とか、匂い
がある。あんな小説に出合わなくなった。と。

作者の思いと読み手の思いが一致するって、なんか、すごく幸せなこと
ですね。自己満足しつつ、もう一度読みなおそうと思います。

他には
「役に立たない事の積み重ねが、人生を深め、味わいとなる」
これは小説だけに限らず、色んなことに言えますね。
私も役に立たない事を大切に生きていこうと思いました。




posted by 店長 at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

うぐいす

ホーホケキョ

突然ですが、今朝は鶯のさえずりで目覚めました。

あぁ、春だなぁ。。。

ふとんのなかでしみじみ味わう春のおとずれ。。。

大変幸せなひとときでした。(って寝過ごしたんですが><)

まだまだへたっぴな鶯さん、

上手になるまで楽しませてくださいね。







posted by 店長 at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

グラン・トリノ

久しぶりに映画を観ました。

クリント・イーストウッド監督、主演の「グラン・トリノ」

朝鮮戦争を引きずりながら、不機嫌に生きる頑固おやじウォルト・コワルスキー

妻を亡くし、周囲と折り合う気もなく、話相手は愛犬ディジィと愛車「グラン・トリノ」だけ。

そんな彼の隣に「ベトナム戦争でアメリカに味方したため、共産主義者に追われた」

モン族の一家が引っ越してきます。

明るく聡明な長女スー、不器用な少年タオ

差別意識の強いウォルトですが、結果的に姉弟を助けたことから交流が始まり、

少しずつ心を開いていきます。

けれどスーとタオにモン族のチンピラがつきまとい・・・。

ストーリーのおおよそは、この設定から想像がつきます。

それに主人公が病気というお話は嫌いなので、ちょっと嫌な感じもしたのですが、

スー、タオはじめ、おばあちゃん、お母さんと登場人物が本当に魅力的で、飽きさせません。

随所にちりばめられたユーモアも、変わっていくウォルトの様子も

悲劇的な事件を予感させながら、物語は進みます。


やがて、この姉弟の人生を守るため、彼は・・・。



言葉を失う結末に、館内あちこちから嗚咽がもれました。


もちろん、私もウォルトの男気、真のやさしさにうたれましたが、


最も心に重くのしかかったのは

ウォルトの生涯ただひとつの「懺悔」でした。

彼は神に許しを請うたけれど、その声を届けることなく逝ってしまった・・・。

勝手に。

そんなのって・・・。

私が嗚咽したのはこの部分です。



「深い感動」だけでない「虚しさ」が重く残る

秀逸な作品だと思います。










posted by 店長 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

焼き鳥

もうバーベキューのシーズンではないのですが、

突然、炭焼き焼き鳥を食べようということになって、

文字どうり猫の額ほどの庭で、焼き鳥大会となりました。

やっぱり炭焼きの焼き鳥は旨い!

寒空の下、月を眺めながら楽しい宴でした。

081207_yakitori.jpg
posted by 店長 at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

正倉院展

少し日がたってしましましたが、第60回正倉院展に行ってきました。
syosoin01.jpg

今年最も印象的だったのは「白瑠璃碗(しろるりわん)」
ササン朝ペルシャ(現イラン)から伝わったカットグラスの碗です。
碗全体に80個の円形のカットが施され、
それが凹レンズ状となって、円形に連なりが透けて見える、
それは美しい器

はるかペルシャから、どんな道程を経て運ばれたのかと、溜息をつき、
この光り輝く器を手にした当時の人たちの驚きを思いつつ、
うっとりと拝見しました。

同じような器はイランなどでも出土されているようですが、
このように変色なく、完全な形で保管されているのは正倉院だけなのだそうです。

その他、
細かい木画が美しい「紫檀木画双六局(したんもくすごろくきょく)」や
聖武天皇が奏でられたという「刻彫尺八(こくちょうしゃくはち)」
などに惹きつけられました。

1200年以上前の宝物が、こんなにも大切に保管されてきたということは
本当に日本の誇りです。
「日本人でよかった」強く思います。





zenzai.jpg

正倉院展のあとは、善哉で一息ついて、
やっぱり日本人でよかった♪
posted by 店長 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

コロー・光と追憶の変奏曲

秋晴れの一日
神戸市立博物館で開かれている「コロー展」へ出かけました。

「光と追憶の変奏曲」とサブタイトルがつけられていますが、
まさに、音楽の聞こえてきそうな、美しい風景画の数々・・・

水辺の風景は、全体はもやに包まれたようで、
それでいて、柔らかい光がさしこみ、すがすがしい風を感じます。

心が洗われるような清らかな絵画展でした。



kobe02.jpg
ひさしぶりの神戸、ランチは中華街へ、
日曜なら大行列の老祥記の豚まん(3個270円)に大満足♪


kobe02.jpg
さらに港へも
posted by 店長 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

おはぎ

ohagi.jpg

今日は、お彼岸に作れなかったおはぎを作りました。

もち米を炊いてすりこぎでつぶしますが、

お料理の本では「ざっとつぶす」とか「半つぶしにする」とか書いてあります。

子供のころ、我が家では「半殺しにする」と言っていて、

喜んで手伝っておりました。

あれって我が家だけの表現だったのか・・・><



母の作ってくれたおはぎはもっと大きかったような気がします。
posted by 店長 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

阪神のいかやき

阪神がえらいことになってます。

阪神ファンは実は弱気、

頭を抱えてる方、多いのではと思います。

大丈夫、信じてあげましょう。



本日は遠来の友あり

お土産用の阪神のいかやき、お相伴にあずかりました♪

ikayaki.jpg
posted by 店長 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月19日

中国工芸の精華・沖正一郎コレクション 鼻煙壺1000展

大阪市立東洋陶磁美術館で開かれている
「中国工芸の精華・沖正一郎コレクション 鼻煙壺(びえんこ)1000展」へ行ってきました。

bienkoten.jpg

「鼻煙壺(びえんこ)」ってご存知でした?嗅ぎ煙草を入れる携帯用の小さな容器です。

嗅ぎ煙草は香料などを調合した粉末状のタバコを鼻孔にすりつけたり、吸い込んだりして
香りと刺激を楽しむのだそうです。・・・なんだかあやしげ。
17世紀にヨーロッパ王侯貴族のあいだで大流行し、17世紀半ばに中国へ伝わり、
清朝の宮廷で大流行したのだそうです。

清朝宮廷人が刺激を求めた嗅ぎ煙草。
それを入れるこの小さな壺の、なんと魅惑的であることか。

陶磁器に繊細な絵付けを施したもの、
色ガラスに被せガラスで、立体的な模様を彫りこんだもの(これはガレにも影響を与えたのかも)
同じガラス製でも、内絵といって壺の内側に絵を描いたもの(鉤型の筆で描くそうな)
七宝、象嵌、象牙細工、べっ甲細工
玉、翡翠、メノウ、水晶、そして石・・・
(石、といっても、石をくりぬいて壺にしてあるんですよ)

まさに贅をつくした芸術品、中国工芸の精華。
清王朝時代の職人の技術の高さに感嘆しました。

しかも、この1200個のコレクションは個人のコレクターから大阪市に寄贈されたもの。
この美しい壺に囲まれた人生、なんてゴージャスなんでしょう。
ここちらも溜息です。

コレクター沖正一郎氏は伊藤忠勤務、香港駐在の昭和30年頃にコレクションをはじめられ、
ファミリーマート創立、無印良品の会長など歴任された方だとか。
このコレクション、大阪市に寄贈してくださって本当にありがとうございます。


9月28日までです。まだの方はお早目に、お薦めです。



せっかく中之島に行ったので、ランチは中央公会堂食堂でオムライス♪


omrice.jpg

posted by 店長 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

日々草

日日草

毎年夏にはなにか白い花を植えます。
今年は日々草を植えました。
暑さに負けず、その名のとうり毎日咲き続けてくれました。

鉢からこぼれるほど伸びてしまったので、
この後、切り戻してやりました。
暑さが残るうちに切り戻せば、もうひとがんばりしてくれるそうです。
肥料をたっぷり与えて、しばらく休ませてあげましょう。

この日々草、一説では薬草効果もあるとか、
きれいだけれど、あまりおいしくはなさそうなので、試してみる気はありませんが…
posted by 店長 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

中国からのサポート

PCを買い替えてから、ネットに繋がったり、繋がらなかったり、、
イライラが募っておりました。

メーカーのサポート→セキュリティソフトのサポート→メーカーのサポート・・・
と電話を繰り返し、自分でもヘルプを見ながらなんとか対処。
セキュリティソフトのアンインストール→インストール・・・

この不毛な作業はいったい何・・・?
この手のことには意外と切れにくい私も、うんざりしてきたところで
再度セキュリテイソフトのサポートへ電話しました。

担当は季さん、さっきの方は王さん、・・・ここって中国?
さて、その季さんの徹底した素晴らしいサポートにより、
問題は解決しました。

思わず聞いてしましました。
「東京におられるんですか?」
「いえ、中国の大連です。」

大連のコールセンターで、たくさんの中国人女性たちが
「ありがとうございます」
「かしこまりました」
を繰り返し、切れかけの日本人をサポートしてくれていることにびっくり、

大変なトレーニングを積まれたことと思います。
恐れ入りました。

お見事な季さんに私から金メダルを。。。謝謝





posted by 店長 at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

朝の楽しみ

080801_0636~02.jpg

連日の暑さですが、早朝のお散歩は気持ちいいものです。
そのなかでも一番の楽しみです。

このなんともいえない上品なブルー、
大きすぎず、咲きすぎないところも
つつましやかで、惹かれます。
今日はいくつ咲いているかしらと
毎朝楽しみにさせていただいています。

他所様の朝顔なのに、こっそり撮ってごめんなさい。



posted by 店長 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

new face

愛機のHDDは復旧せず、
夏休みで混み合う梅田の量販店で、PCを購入しました。

いつもなら、あれこれ見るだけで疲れてしまうのですが、
cpuとメモリと価格で、迷う間もなく、即決!

で、設定やらソフトのインストールやら、しております。
iMac→DELLを愛用していたので、日本製は初めて、
初心者にもわかり易く、ということなんでしょうけれど、
ガイドにゆるキャラ(?)は必要?

どうしてこんなことをしてしまうのか、不思議です。
「わかり易い」と「幼稚」は違いますよね。
本体のデザイナーさんも不本意なのでは?

シンプル使いやすいiMacやDELLのそっけなさが恋しい。。。


ちょっと愚痴でしたが、
new faceとも仲良くやっていこうと思ってます。^^
posted by 店長 at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

ほっ。。。

昨日の続きです。

24時間リレーマラソンに参加していた夫が無事生還しました。

こちらの心配をよそに、強烈に楽しかったそう

男子の遊びって、いくつになっても、そんなもんなんでしょう。

とりあえず、ほっ^^

です。
posted by 店長 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

この暑いのに・・・

24h_run.jpg

この暑いのに、はしゃいでるおやじは私のつれあいです。
撮影においては全幅の信頼を寄せているカメラマンなのですが、

本日、大阪は舞洲で行われている24時間リレーマラソンに参加しています。

チームを組んで、本日12:00から明日の12:00まで交代で走り続ける、というもの。

昨年は台風で中止になったこの大会、
今年も秘かに台風襲来を祈願していたのですが、
今日の大阪は、私など10分外にいるだけでもくらくらしそうな暑さです。

炎天下、アルコール漬けの身体がもつのかと、案じながら、
せっかくだから楽しんでほしいと、
クーラーをきかせた部屋で応援しています。

posted by 店長 at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

わんこの手作りごはん

max_gohan.jpg

今日の晩御飯ができあがりました。



・・・・・・・

いえ、私のではなく、我が家の黒ラブMAXのごはんです。^^


うちの一人娘はなぜか黒い毛に覆われた四足で、

しかも2年前、肥満細胞腫という癌の一種が見つかり、

幸い手術は成功したのですが、

その頃から、ご飯は手作りにしています。

本日のレシピは

小鯵×3盛
鳥の胸肉×約1kg
じゃが芋×2盛
豆腐×2丁
その他 残り野菜、残りご飯、すりゴマ、きなこ などなど

圧力鍋いっぱい炊いて約1週間分、小分けにして冷凍しています。

費用はプレミアムとかいうフードを買うのと同じくらい。

栄養面でどうなのかは、不勉強でわかりませんが、

半年ごとの血液検査は○なので、良しということで。。。

11歳とは思えぬ食欲、よっ、よだれがっ。。

max_gohan2.jpg
posted by 店長 at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

美術館へ行こう

もう昨日になりましたが、少し湿っぽい春霞の休日、

午前中は梅田阪急で開かれている武田双雲さんの個展に行きました。

とても素敵な個展でした。

会場は細い通路を通り抜けたところにあるのですが、

その通路の壁に双雲さん直筆の書で「武田双雲展はこちら←」と

道案内があるのです。

なんて素敵なお出迎え!!

会場設営中に、通路に立ってちょっとわかりにくいかなぁ、と、

来る人の立場になって考えられた様子が伝わってきます。

その細かなお心遣いどうり、

「伝えたい」という「想い」が溢れるような個展でした。

一途な想いにみちた書は清々しく、心地いいひと時を過ごせました。

双雲さん、ありがとうございました。


ちょっとほほえましい光景も。

「正」という作品があって、それは薄墨が丸くにじんだ字で、

私は(たんぽぽの綿毛みたい…)と思って見ていたのです。

そうしたら隣合わせた小さい女の子が、

「あ、これお花!」

(あなたには、お花に見えるのね…^^)と思っていたら、

お母さんが「正しい、って言う字よ」教えておられましたが、

あの、かわいい声を双雲さんにも聞かせてあげたいと思いました。

25日(火)まで、お早めにお出かけ下さい。



午後は用事を済ませてから、

大阪市立美術館の日展へ、最終日に滑り込みました。

現代美術の大作ぞろい、私はやはり工芸と日本画に惹かれました。



















posted by 店長 at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

世界にひとつだけの…

今日もまた、とても温かな春の日になりました。

足取り軽くお散歩♪気分なのですが、

昨日入荷した香炉の検品をしております。

作家作の一品もの、というわけではないのですが、

焼き物ですから、一点毎に異なります。

濃い瑠璃色のもの、オーロラがかったもの。。。それぞれにきれいです。^^

見とれていないで、はやくページをつくらないと(汗)

08031802a.jpg

posted by 店長 at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

春の雨

朝からしとしとと 雨が降り続いています。

一昨日からの陽光が消え物憂げな空です。

少し気分を変えようと、店長お気に入りの再入荷の香炉をアップしました。

青磁袴腰香炉、火屋は純銀製です。

香炉の基本中の基本といってもいいかもしれないこの形

よけいなものをそぎ落としたシンプルな美しさがここにあります。

中国では紀元1世紀から焼き続けられ高貴な人々に愛されたという青磁。

南宋時代龍泉窯製のものは我が国で重要文化財に指定されています。

もちろん、このお品は日本製、生産者から仕入れた新品です。

2点限りの最終入荷です。



seiji1.jpg
青磁袴腰香炉 クリックすると詳細ページを開きます>>




posted by 店長 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

沈丁花

朝、洗濯物を干していると、どこからか甘い香りが漂ってきました。
3月は沈丁花の季節なのですね。
ちょっと、せつなくなる程甘い香り。
しばし、うっとり…。

沈丁花の香りは強いので、花の姿は見えないけれど、
香りだけが漂ってくるくらいがちょうどいいです。

沈丁花(じんちょうげ)という名は
その香りが香木の沈香(じんこう)の香りに似て
花の形が丁子(ちょうじ)に似ているから、とも言われるそうです。

香炉屋とも少し縁があるのかも。
お香もほんのりと香る程度がいいそうです。

今日はお香を焚かなくても、
花の香りがただよってきそうな華やかな香炉をご紹介します。

m_kutanikinpaku01.jpg
九谷焼金箔彩四季図香炉 クリックで詳細ページを開きます>>
 

posted by 店長 at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。