2008年03月13日

沈丁花

朝、洗濯物を干していると、どこからか甘い香りが漂ってきました。
3月は沈丁花の季節なのですね。
ちょっと、せつなくなる程甘い香り。
しばし、うっとり…。

沈丁花の香りは強いので、花の姿は見えないけれど、
香りだけが漂ってくるくらいがちょうどいいです。

沈丁花(じんちょうげ)という名は
その香りが香木の沈香(じんこう)の香りに似て
花の形が丁子(ちょうじ)に似ているから、とも言われるそうです。

香炉屋とも少し縁があるのかも。
お香もほんのりと香る程度がいいそうです。

今日はお香を焚かなくても、
花の香りがただよってきそうな華やかな香炉をご紹介します。

m_kutanikinpaku01.jpg
九谷焼金箔彩四季図香炉 クリックで詳細ページを開きます>>
 

posted by 店長 at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。