2010年03月17日

京都南座 三月花形大歌舞伎

minamiza.jpg

京都南座の三月花形大歌舞伎、夜の部へ行ってきました。
出し物は
「通し狂言 加賀見山再岩藤(かがみやまごにちのいわふじ)」
「猿之助十八番の内」とあるように、市川猿之助さんが
早替りや宙乗りを取り入れて作り上げられたお芝居だそうです。
今回は猿之助さんの甥である亀治郎 さんが七役、宙乗りを勤めます。
楽しみ♪

お話はお家乗っ取りに絡む、忠義のお話+怪談
七役は、というと
多賀大領(多賀家のお殿様)の奥方梅の方:上品でやさしい奥方
多賀大領(多賀家のお殿様):梅の方そっちのけで側室お柳の方に夢中
奴伊達平:家来の威勢のいい奴(やっこ)
望月弾正:お家乗っ取りを企てる悪者
鳥居又助:多賀家の武士花房求女(はなふさもとめ)の家来(平民)
     主に忠義を尽くすが、だまされて、梅の方を殺してしまう。
     盲目の弟の傍らで自害するなど、芝居の場面は一番長い
岩藤の霊:以前にお家乗っ取りを企み殺された奥女中岩藤の霊
     放置されていた骨が集まって(骨寄せ)復活!
     宙乗り&おどろおどろしく大活躍。
長谷部帯刀:多賀家の重臣(?)すいません印象薄いです。

とにかく早替りが早い!
梅の方が袖にに引っ込んだと思ったら、花道から多賀大領登場です。
それも息も切らせずに、というところがすごいです。
舞台装置も大がかりで、歌舞伎の「けれんみ」堪能できます。

けれんみだけでなく、鳥居又助が自害して果てる場面など
じっくり泣かせる人情芝居もあるのですが、
失礼ながら、この場面、記憶がとぎれとぎれなもので。。。

やっぱり圧巻は岩藤。
骨から復活したときは、美しい姿で満面の笑みで、宙を舞います。
満開の桜の上を舞うこのシーンは「フワフワ」と呼ばれているそう。
幽霊なのに、足を振って、楽しそうです。
その後のおどろどろしい場面では、骨っぽい動きがお見事。

亀治郎さん、悪女の場面が一番生き生きしているように見えました。

場内「亀ちゃん」ファンで満席でした。
3階で観てもも楽しいだろうと思います。






     
posted by 店長 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143917863
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。