2009年07月14日

NINAGAWA 十二夜

090713_1035~02.jpg
大阪松竹座七月大歌舞伎 NINAGAWA十二夜 を観てきました。

シェイクスピアのロマンティックコメディ

ふたごの兄妹、主膳之助と琵琶姫(菊之助二役)が嵐で遭難し、
生き別れになってしまいます。
琵琶姫は一人で生きていくため、男として獅子丸と名乗り
領主左大臣のお小姓として奉公します。

左大臣は織笛姫に恋こがれているのですが、叶わず、
織笛姫は使者として訪れた獅子丸(琵琶姫)に恋をし、
獅子丸(琵琶姫)は主君左大臣に恋をし、
なんだか話がこんがらがって…
結局、兄主膳之助が現われ、ちょうど2対2の2ペアになって
めでたしめでたしというお話です。

特筆すべきは舞台の美しさ、
冒頭、幕があがると同時に客席から「おおっ〜」と溜息がもれます。
異次元に引き込まれる感覚。
これからご覧になる方、楽しみになさってくださいね。

そして、菊之助さんの見事な演じ分け
美しい琵琶姫、男装の獅子丸、凛々しい主膳之助
それぞれの心まで丁寧に演じ分けられていました。
菊之助さんは踊りも美しく、声もよく通り、本当に魅力的。
イヤホンガイドの幕間インタビューがあったのですが、
歌舞伎に対する真摯な姿勢がうかがえ、こちらもよかったです。

さらに、舞台を盛り上げたのが亀治郎さん。
色っぽく、ちょっとお行儀の悪い、鉄火肌の腰元を
それはもう小気味よく演じて、必見です。
亀治郎さんは2月の「蜘蛛」ですっかりファンになりましたが、
何をやっても魅せてくれますね。

今回は随分台本を削ったそうですが、それでもかなりのセリフ。
皆さん大変だったのだろうと思います。
つっこみどころもあるのですが、華やかな舞台、
歌舞伎未経験の方も楽しめるはず、ぜひご覧いただきたいと思います。




posted by 店長 at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。