2008年09月18日

おもてなしのお香

お香についてこんなご質問をいただきました。

>香を焚きたいと思うのですが、そもそも香は仏事のときに焚くものといいます。
>客人のあるときに焚いても失礼にならないのでしょうか?


お香は仏事の時に焚くのがはじまりですが、
これは仏前を清め、清浄を保つために焚かれたものです。
けっして不吉なものではありません。

おもてなしの席での香りとして「迎え香」はいかがでしょう。
お客様がお見えになる前にお香を焚いておき、来客時に残り香が漂うようにしておくのです。
あくまでさりげなく、ほのかに香る程度に…
十人の人がいて、全員が香を焚いていると気づくようでは香りが強すぎるのだそうです。

特にお食事の予定があるときなど、強い香りは避けたいですね。
心をこめたおもてなしで、お客様に喜んでいただけますように…

参考文献

学研「かおる」
posted by 店長 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | お香について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106724248

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。