2008年09月09日

秋の七草

秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり)
    かき数ふれば 七種(ななくさ)の花 (万葉集・巻八 1537)

萩の花 尾花葛花 なでしこの花
    おみなえし また藤袴 朝顔の花  (万葉集・巻八 1538)

山上憶良が詠んだこの二種が「秋の七草」の由来なのだそうです。
「尾花」というのはススキのことで、
「朝顔(貌)の花」は朝顔、ムクゲ、などとも言われるそうですが、桔梗とするのが一般的だとか。

同じ七草でも「春の七草」はお粥に入れて食し、無病息災を祈るもの。
「秋の七草」は眺めて楽しむ、風流なものですね。

さてこの七草にちなんだ七草香炉、再々入荷しました。
桔梗もムクゲも入っています(^^)
花の形に透かした火屋がきれいです。
お部屋に飾って、秋の夜長、万葉時代からの風流を感じて下さい。

七草香炉

七草文様香炉ご紹介ページはこちら>>>

posted by 店長 at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 香炉屋新着情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106281967

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。