2008年07月17日

七月大歌舞伎・伽羅先代萩

先日、松竹座で行われている七月大歌舞伎に行ってきました。
昼か夜か少し迷ったのですが、伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)
を観るために昼の部へ。

この「伽羅先代萩」という題、お香の「伽羅」が使われています。
お香に関するの書物では、伽羅はこの上なく素晴らしい香木なので、
「伽羅」=「この上なく素晴らしいもの」というこで、
「たいへん素晴らしい物語」という意味で使われている
という記述を読んだことがあります。

もちろん、そういう意味も含んでいるのでしょうが、
今回のお芝居で、その理由が分かりました。
このお話の発端となる、
先代(仙台とかけている)の主君足利頼兼(史実では伊達綱宗)
が伽羅で作った下駄を履いて廓通いをした(!)ということから、
きているのだそうです。

伽羅というのは本当に貴重で高価な香木です。
それを下駄にするなんて、まあ、なんという贅沢
確かにおしゃれといえばおしゃれ、
伊達男、というのはここから来ているんですね。
勉強になりました。
この「伽羅先代萩」という演目は一度観たことがあるのですが、
実はあまり好きではありませんでした。
お芝居のなかで、幼い子供が殺される場面があり、
その場面の残酷さが、どうにも耐えられないものがありました。

けれど、このお芝居にはお茶の手前でご飯を炊く
「飯炊き(ままたき)」と呼ばれる場面があって、
今回は坂田藤十郎丈の飯炊き!
見逃す手はないと、昼の部にしたのですが、
なんと、この公演では飯炊きの場面はカット・・・が〜ん(涙)
しかも仁左衛門様が悪役(涙)幾分重い足取りで出かけたのですが、

本当に、観てよかった!最高の舞台でした。

お話は江戸初期の伊達家のお家騒動にまつわるもの。
(芝居上は幕府の検閲を逃れる為、足利家と設定を変えてあります。)
今回は「花水橋の場」から「刃傷の場」まで、
たっぷり半通しの上演でお話もよくわかりました。
一場面、二場面だけの上演では、お話がわかりずらいですものね。

一言でいうと、
家督を継いだ幼い若君を守る乳母・政岡(坂田藤十郎)が
我が子を犠牲にしてまでお家を守り通す、忠義の物語です。

歌舞伎では「忠義」というのは重要なテーマですが、
女性の忠義、加えて、母性との葛藤と難しい役どころで、
女方の五本の指に入る大役といわれているそうです。

政岡は常々我が子千松に、
若君をお守りする為には毒でも食べるよう言い聞かせています。
お家のっとりを企む栄御前(片岡秀太郎)や八汐(片岡仁左衛門)が、
毒入りの饅頭を若君に食べさせようとするのですが、
母の言いつけを守った千松が、飛び出して先に食べ、
証拠隠滅のため、八汐の手で刺し殺されてしまいます。

八汐らは、政岡が若君と千松を取り替えているのではと疑っているので、
実母ならば取り乱すはずと、残酷になぶり殺しにするのです。

けれど政岡は顔色ひとつ変えず、若君を守りとおします。

この様子から、栄御前は殺されたのは
政岡の子ではなく若君に違いないと思いこみます。

政岡は栄御前が立ち去った後
我が子のなきがらを抱きしめ、嘆き悲しむのです。

栄御前が去った後、やっと立っているような放心状態でありながら、
花道の先の先までその姿を見届ける 政岡の徹底した忠義心、
そして、だれもいなくなって、堰を切ったように
嘆き悲しむ母の姿。

坂田藤十郎丈の迫真の演技に場内は静まりかえり、
やがてすすり泣く声が。。。
歌舞伎で泣いたの初めてです。

名演といのはこういうものなのだと、圧倒されました。
歌舞伎は虚構の世界、「けれんみ」を楽しむものと思っていたのは、
間違いだったようです。

八汐と仁木弾正、悪役二役の仁左衛門丈は
悪役を演じても気品に溢れ、このお芝居をいっそう格調高いものにしていました。

ここ数年私の見た歌舞伎のなかでは間違いなくベスト1の舞台でした。




ちなみに、では私的歌舞伎ベスト3は、
(どれも甲乙はつけ難く、順位はないのですが)

1、平成20年 七月大歌舞伎「伽羅先代萩」
  政岡      坂田藤十郎
  八汐・仁木弾正 片岡仁左衛門
  栄御前     片岡秀太郎


2、平成19年 七月大歌舞伎「女殺油地獄」
  河内屋与兵衛 片岡仁左衛門
  女房お吉   片岡孝夫

  海老蔵休演のため、仁左衛門丈が代役を務められた舞台
  親子競演でのこの演目は見納めかと思われますが、
  お二人による歌舞伎の様式美に酔いました。

3、平成16年 十月大歌舞伎「夏祭り浪花鑑」
  団七九郎兵衛 中村勘九郎(現勘三郎)
  一寸徳兵衛  中村橋之助

  ご存知、ニューヨーク凱旋公演
  勘三郎さんの舞台は歌舞伎への、観客への愛にあふれ、
  熱演に心打たれ、本当に幸せな気分になります。
posted by 店長 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103066886

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。