2008年03月24日

美術館へ行こう

もう昨日になりましたが、少し湿っぽい春霞の休日、

午前中は梅田阪急で開かれている武田双雲さんの個展に行きました。

とても素敵な個展でした。

会場は細い通路を通り抜けたところにあるのですが、

その通路の壁に双雲さん直筆の書で「武田双雲展はこちら←」と

道案内があるのです。

なんて素敵なお出迎え!!

会場設営中に、通路に立ってちょっとわかりにくいかなぁ、と、

来る人の立場になって考えられた様子が伝わってきます。

その細かなお心遣いどうり、

「伝えたい」という「想い」が溢れるような個展でした。

一途な想いにみちた書は清々しく、心地いいひと時を過ごせました。

双雲さん、ありがとうございました。


ちょっとほほえましい光景も。

「正」という作品があって、それは薄墨が丸くにじんだ字で、

私は(たんぽぽの綿毛みたい…)と思って見ていたのです。

そうしたら隣合わせた小さい女の子が、

「あ、これお花!」

(あなたには、お花に見えるのね…^^)と思っていたら、

お母さんが「正しい、って言う字よ」教えておられましたが、

あの、かわいい声を双雲さんにも聞かせてあげたいと思いました。

25日(火)まで、お早めにお出かけ下さい。



午後は用事を済ませてから、

大阪市立美術館の日展へ、最終日に滑り込みました。

現代美術の大作ぞろい、私はやはり工芸と日本画に惹かれました。



















posted by 店長 at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

窯変切立香炉

お彼岸だというのに、雨ですね。よく降ります。

今日は昨日に引き続き、入荷した品の検品、ページ製作をしておりました。

人気の窯変香炉の妹分、切立形の写真が出来上りました。

切立(きったち)というのは、胴の部分がまっすぐに立ち上がった形のことです。

切り立ったような、ということなのでしょうね。

お香を焚くのに、ちょうど扱いよい形、大きさです。

まずは画像をご覧下さい。(ページはまだなので。。。)

窯変切立香炉

雨のためかなんだか冷えます。
季節の変わり目、お風邪など召されませんよう、お気をつけ下さい。
posted by 店長 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 香炉屋新着情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月18日

世界にひとつだけの…

今日もまた、とても温かな春の日になりました。

足取り軽くお散歩♪気分なのですが、

昨日入荷した香炉の検品をしております。

作家作の一品もの、というわけではないのですが、

焼き物ですから、一点毎に異なります。

濃い瑠璃色のもの、オーロラがかったもの。。。それぞれにきれいです。^^

見とれていないで、はやくページをつくらないと(汗)

08031802a.jpg

posted by 店長 at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

窯変香炉入荷しました

本日窯変香炉、入荷しました。

この香炉のブルーの微妙な変化は、毎回、それぞれに異なりますので、

焼き上がりが本当に楽しみなのです。

今回もいい感じに焼き上がりました。


たくさんのお客様から支持していただいている、その理由は・・・?

この色が深い海のブルーだからではないでしょうか。

海に囲まれた日本に生まれた私たち、

どこか懐かしく、心惹かれる海のブルーをご覧下さい。

清水焼窯変香炉
清水焼窯変香炉 クリックすると詳細ページを開きます>>




posted by 店長 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 香炉屋新着情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

はじまり1

私は【香炉屋】というネットショップを運営しています。
職人さんたちの手作りの品を厳選して販売しています。

香炉屋を始めた、きっかけは、・・・葛饅頭でした。
続きを読む
posted by 店長 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 香炉屋について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

春の雨

朝からしとしとと 雨が降り続いています。

一昨日からの陽光が消え物憂げな空です。

少し気分を変えようと、店長お気に入りの再入荷の香炉をアップしました。

青磁袴腰香炉、火屋は純銀製です。

香炉の基本中の基本といってもいいかもしれないこの形

よけいなものをそぎ落としたシンプルな美しさがここにあります。

中国では紀元1世紀から焼き続けられ高貴な人々に愛されたという青磁。

南宋時代龍泉窯製のものは我が国で重要文化財に指定されています。

もちろん、このお品は日本製、生産者から仕入れた新品です。

2点限りの最終入荷です。



seiji1.jpg
青磁袴腰香炉 クリックすると詳細ページを開きます>>




posted by 店長 at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

沈丁花

朝、洗濯物を干していると、どこからか甘い香りが漂ってきました。
3月は沈丁花の季節なのですね。
ちょっと、せつなくなる程甘い香り。
しばし、うっとり…。

沈丁花の香りは強いので、花の姿は見えないけれど、
香りだけが漂ってくるくらいがちょうどいいです。

沈丁花(じんちょうげ)という名は
その香りが香木の沈香(じんこう)の香りに似て
花の形が丁子(ちょうじ)に似ているから、とも言われるそうです。

香炉屋とも少し縁があるのかも。
お香もほんのりと香る程度がいいそうです。

今日はお香を焚かなくても、
花の香りがただよってきそうな華やかな香炉をご紹介します。

m_kutanikinpaku01.jpg
九谷焼金箔彩四季図香炉 クリックで詳細ページを開きます>>
 

posted by 店長 at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

春告げ鳥

今日はとっても嬉しいお客様がありました。
ホーホケッキョ、朝早くから、美しい声が、
ウグイスが我が家の庭にも、春を告げにやってきてくれたようです。

なんとか写真を撮りたかったのですが、そこは残念。。。
でも、午前中一杯、春の訪れを楽しませてくれました。
しみじみと幸せな一日に感謝です。

さて、春告げ鳥の到来ということで、
香炉屋もあわてて、春の香炉をアップしました。
どうぞご覧下さい。

harunootozures.jpg
京焼き香炉・春の訪れ クリックで詳細ページを開きます>>

usubenizakura.jpg
京焼き豆香炉・薄紅桜 クリックで詳細ページを開きます>>


posted by 店長 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。