2011年09月05日

高村薫さんの講演会

9月最初の週末は、大型台風が各地におおきな被害をもたらしたようです。
被害にあわれた地域の皆さまに心からお見舞い申し上げます。

ここ大阪でも大変な雨量となりましたが、
9月4日(日)には、大阪文学学校主催・「文学を愛することは深く生きること」
というテーマの高村薫さんの講演会に出向きました。

私は大阪文学学校とは何のご縁もなく、まして文学を愛して深く生きて
いるわけでは全くないのですが、日頃「高村薫好きやわ〜」と言っていたのを
覚えていた友人が、誘ってくれたのです。

高村さんの文章から感じられるイメージ、思慮深く、緻密で冷静、頭脳明晰、
はそのままに、加えて、謙虚さ誠実さを感じるお話ぶりでした。

まず、下手から舞台に出て来られて、演壇に向かう前に客席三方に向かって
深々と頭を下げられました。悪天候のなか集まった客に対しての
誠意が感じられ、「高村薫って怖そう・・・」という先入観は消え去ります。

お話はエンターティメント小説と純文学について、小説を読むこと書くこと
小説という悦楽、等々、なるほどと納得の内容で引きこまれました。

そんな中、印象に残ったことは
「私自身がプロになったと感じたのは照柿を書いたときです。」
「行間に思いを込めた」とのこと。

実は、講演直前、友人と話していたのです。
「照柿」はすごいよね。行間からたたちのぼる空気とか、温度とか、匂い
がある。あんな小説に出合わなくなった。と。

作者の思いと読み手の思いが一致するって、なんか、すごく幸せなこと
ですね。自己満足しつつ、もう一度読みなおそうと思います。

他には
「役に立たない事の積み重ねが、人生を深め、味わいとなる」
これは小説だけに限らず、色んなことに言えますね。
私も役に立たない事を大切に生きていこうと思いました。




posted by 店長 at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

京都南座 三月花形大歌舞伎

minamiza.jpg

京都南座の三月花形大歌舞伎、夜の部へ行ってきました。
出し物は
「通し狂言 加賀見山再岩藤(かがみやまごにちのいわふじ)」
「猿之助十八番の内」とあるように、市川猿之助さんが
早替りや宙乗りを取り入れて作り上げられたお芝居だそうです。
今回は猿之助さんの甥である亀治郎 さんが七役、宙乗りを勤めます。
楽しみ♪

お話はお家乗っ取りに絡む、忠義のお話+怪談
七役は、というと
多賀大領(多賀家のお殿様)の奥方梅の方:上品でやさしい奥方
多賀大領(多賀家のお殿様):梅の方そっちのけで側室お柳の方に夢中
奴伊達平:家来の威勢のいい奴(やっこ)
望月弾正:お家乗っ取りを企てる悪者
鳥居又助:多賀家の武士花房求女(はなふさもとめ)の家来(平民)
     主に忠義を尽くすが、だまされて、梅の方を殺してしまう。
     盲目の弟の傍らで自害するなど、芝居の場面は一番長い
岩藤の霊:以前にお家乗っ取りを企み殺された奥女中岩藤の霊
     放置されていた骨が集まって(骨寄せ)復活!
     宙乗り&おどろおどろしく大活躍。
長谷部帯刀:多賀家の重臣(?)すいません印象薄いです。

とにかく早替りが早い!
梅の方が袖にに引っ込んだと思ったら、花道から多賀大領登場です。
それも息も切らせずに、というところがすごいです。
舞台装置も大がかりで、歌舞伎の「けれんみ」堪能できます。

けれんみだけでなく、鳥居又助が自害して果てる場面など
じっくり泣かせる人情芝居もあるのですが、
失礼ながら、この場面、記憶がとぎれとぎれなもので。。。

やっぱり圧巻は岩藤。
骨から復活したときは、美しい姿で満面の笑みで、宙を舞います。
満開の桜の上を舞うこのシーンは「フワフワ」と呼ばれているそう。
幽霊なのに、足を振って、楽しそうです。
その後のおどろどろしい場面では、骨っぽい動きがお見事。

亀治郎さん、悪女の場面が一番生き生きしているように見えました。

場内「亀ちゃん」ファンで満席でした。
3階で観てもも楽しいだろうと思います。






     
posted by 店長 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 観劇・コンサート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

阿修羅像

奈良の興福寺・国宝館を訪ね、阿修羅像を拝観してきました。

興福寺は創建1300年!国宝館は開館50年、
今回改修され、3月1日からリニューアルオープンされています。

従来はガラス越しの展示でしたが、これが取り払われ、
照明にも工夫を凝らし、新たな展示がgoodです!
それぞれの仏像とゆっくり対面することができます。

金剛力士像、八部衆像、千手観音、、、居並ぶ国宝
の迫力に圧倒されました。

さて、阿修羅像の魅力はなんといっても
あの憂いを含んだまなざし。。。
「美少年」とも「美少女」ともいわれますが、
性別を超えた美しさにため息をつきました。

阿修羅像を含む八部衆像と十大子弟子像は
光明皇后が母君の1周忌に菩提を弔うために造らせたそうですが、
仏師が光明皇后の意向をくんで造ったと考えられるそうです。

こちらの興福寺のサイト>>でご確認の上、おでかけになってはいかがでしょう。

奈良公園にはかわいい小鹿もたくさんいましたよ。

阿修羅像

これは香炉屋で取扱いを始めた復刻盤阿修羅像です。
詳しくは香炉屋のページからどうぞ>>





posted by 店長 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 香炉屋新着情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

九谷焼香炉・桜鳥

桜鳥

今朝も我が家には鶯さんがやってきました。

さて、こちらは、桜に鶯(?)の描かれた香炉「桜鳥」です。

藍一色で描かれた桜が素敵です。

彩色の桜ほど濃厚でなく、ほどよいはなやかさ、といいましょうか。

いいかんじの染付です。

こちらの九谷焼香炉・桜鳥のページで詳しくご覧いただけます。



posted by 店長 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 香炉屋新着情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

うぐいす

ホーホケキョ

突然ですが、今朝は鶯のさえずりで目覚めました。

あぁ、春だなぁ。。。

ふとんのなかでしみじみ味わう春のおとずれ。。。

大変幸せなひとときでした。(って寝過ごしたんですが><)

まだまだへたっぴな鶯さん、

上手になるまで楽しませてくださいね。







posted by 店長 at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。